トップページ » 2009年01月
2009年01月

ストラップぼろぼろ


シグマ17-70mmとともに入院させるため、EOS KDNから久しぶりに ストラップ外してみたら、ぎょへー、金具に当たってる部分が ボロッボロ。今気づいてなかったら、遠からぬ時期にブチッと 行ってましたなこりゃ。あぶねーあぶねー。 EOSデジタルの金具って、割と断面が鋭い金属板だから、わしみたいに 長いこと乱暴にぶら下げて歩き回ってると、擦れてこうなっちゃうん でしょうな。 やっぱストラップ金具はニコンみたいなタイプのヤツに昔ながらの 三角カンで取り付ける形が一番安全ってことですな。 話ぜんぜん違うんだけど、さっきテレビでやってたスマップ稲垣 メンバーのオリジナル仮面ライダー、カネと手間かけすぎだろwww
ほぼレギュラーシーズンのOP+第一話分くらいの予算使ってた じゃん。キャストも釈由美子、上地雄輔、哀川翔っておまwww しまいにゃ平成歴代ライダー大集合とかwwディケイド涙目wwww


phatninjaphatninja  at 23:16コメント(0) この記事をクリップ! 

50DでFigmaを撮る

ところで前のエントリで撮ったFigma燦ちゃんはEOS50Dでのもの。 思ったことなどいくつか。
(EOS50D + SIGMA 50mmF2.8EX MACRO) ファインダーが良くなったんで、マニュアル撮影楽になるかなーと 思ったけど、意外とそうでもなかった。わしの目も衰えてるんだろう けど、結局センターエリアのフォーカスエイドで撮るのがいちばん 正確だったりしてw ホワイトバランスは(わしの部屋に関しちゃ)ちとナンギ。。 上の画像は光源が電灯色の蛍光灯一灯。マニュアルWBを設定。 心持ち黄ばんだ感じっすな。正確に白を取るのは難しい。 前のエントリの人魚の画像が、この設定に加えて、カメラ側の マニュアルWB補正でマゼンタとレッドを1ポイントずつプラス してます。色的にはこれがいっとうマトモかしらん。 最後にもう一点。 ニッシンのDi622がばっちり使えなくなりましたw そのうちメーカーに持ってってファーム更新してもらわなきゃ。 今のデジ一なんて一年おきにモデルチェンジすんだから、 ニッシンさんも次出す時にはUSB端子かなんか付けて、ユーザーが 各自ダウンロードしたファームを更新できるようにしたらいいよ。 それだけで人件費ずいぶん浮くでそ。

phatninjaphatninja  at 03:18コメント(0) この記事をクリップ! 

「任侠と書いてにんぎょと読むきん!」


キター! グッスマ社長の個人的思い入れで立体化されたというウワサ、 Figma『瀬戸の花嫁』の瀬戸燦、本日発売っ。 ほんと、アニメは原作を遙かに超える大傑作だったんだけど、 キャラ萌え人気はいまいちで、立体化されることもほとんどない 作品。よもやFigmaになるとは、人間長生きはするもんです。 等身は『ハルヒ』シリーズに近いですかね。着脱式のネコ耳は お父ちゃんたちが主役の悪夢のような回でちょっとだけ付けた 奴ですね。拾うネタ細かいなーw 箱にもしっかり「任侠」の二文字が眩しいでさぁwww
付属の長ドスは、なんと刃に「はばき」が付いていて、鯉口を切る 手応えがあります。芸コマすぎです。
「任侠と書いてにんぎょと読むきん!」 キリリ顔も付属。わしの買ったものはほっぺ辺りにヘンなヨゴレが… がびーん。自分で付けてしまったものか、もともと付いてたのか…
まさかの人魚脚部も付属。この価格設定にしては大物のオマケ。
さあて、まさか燦ちゃんだけでシリーズ終わらせるわきゃないですね グッスマさん! 是非とも悩まし番長・不知火明乃と、委員長の ラスト・アマゾネスver.だけはお願いします!

phatninjaphatninja  at 20:59コメント(0) この記事をクリップ! 

望遠スナップ

日課の散歩、今日はEOS50Dにニーニッパ付けてぶらり。 飛び立つカモの撮影にも挑戦してみたけど、わしの腕では あのスピードは追い切れなかったw カモの飛行速度けっこう凄いw 帰り道に、メジロを発見。冬毛でもこもこしとります。 画像はもちろん、かなり大きくトリミングしてます。
(EOS50D + EF200mmF2.8L?) 仕事以外の用途で1500万画素は要らんなあ、というのが正直なところ だったんだけど、こーゆートリミングの時には、元画像はデカいほど いいですなあ。下の画像も同様のトリミング。
画像がややピンアマ+ブレのため不鮮明で恐縮ですが、よく見ると この子、脚に調査用リングが付いてます。 あと関係ない仕事の話。 続きを読む

phatninjaphatninja  at 18:56コメント(0) この記事をクリップ! 

つれづれなるままに50D

仕事がよーやく一段落して、天気も良くて暖かいので(この冬は暖冬 ですな)、50Dをお供に散歩に出た。今日はEF24mmF2.81本で勝負。 50Dでは小型軽量・お散歩向きの準広角レンズになる。 都内で有名な名刹に暮らすぬこたち。 ぽかぽか日差しの中でひたすら眠る。 お賽銭箱の上はゴツゴツしてそうだけど、彼は気にしない。
(EOS50D + EF24mmF2.8) 光のコントラストが高い冬の晴天でばかり撮ってるせいかも知れない けれど、なんか白トビしやすい印象。いや、白トビを気にしない 露出設定といおうか。高輝度のダイナミックレンジを拡張する設定も あるけれど、暗部がノイジーになるそうなので、まだ使っていない。 こちらは日曜に家の近所で撮った分。
(EOS50D + EF-S17-55mmF2.8IS) それにしてもなんか知らんけど、朝起きてから左のヒジから薬指に かけて妙にズキズキ痛む。寝てる間にひねったかどうかしたのかな。

phatninjaphatninja  at 22:37コメント(0) この記事をクリップ! 

『ストロベリーシェイクSweet』(2)


ちょいと前に出てましたね、本邦随一の百合バカ一代作家 林家志弦先生の『ストロベリーシェイクSweet』2巻。 やっと買えたです。 始まった当初は4コマ百合ギャグだったんだけど、途中から コマもでかくなってコメディストーリーものに。 4コマものってのは、基本的に心地いいキャラ同士の関係が 終わりなく続くものだけれど、こちらはストーリーものに転じて、 百合ラブに目覚めた変態アイドル樹理亜と天然美少女・蘭の もどかしい関係がドトウの勢いで進展していっちゃう。 でも女の子同士が一線を越える直前の寸止めでピタッと抑制したり 幕切れ寸前にもう一山あったり、ニクいんだよなあ上手くて。 あいかわらずこの先生ならではの冴え渡るツッコミも健在で、 ギャグマンガとしても秀逸このうえなし。 かねがね『はやて×ブレード』のアニメ化を希望してたわしだけど、 まとめて読むとこっちの方がアニメ向きのように思えますな。 ちょうど1クール分って感じで。せ、せめてドラマCD化を… 関係ないけど、シグマ17-70mmF2.8-4.5入院~ 続きを読む

phatninjaphatninja  at 20:32コメント(0) この記事をクリップ! 

ケンコー液晶プロテクター


20Dから50Dに買い換えてカンドーしたことの一つが、液晶モニターの でかさ。1.8型から3型だからなー。もう別次元。三層反射防止コートで 日中の視認性もアップ!とゆーフレコミだけど、これはやや眉唾。 日曜のお昼、ちょっとだけ散歩に持って行ったけど、さすがに ピーカンの下では画像はよく見えねえです。 で、デカいぶん、鼻息やら顔のアブラやら手の汗やらがよく付く。 いちおー汚れをハジくフッ素コートはされてるらしいんだけど、 キズがついても悲しいので、閉店間際のビックに駆け込んで液晶 保護膜買ってきた。 こーゆーアイテム、最近は100円ショップでもフツーに売ってるけど、 近所の店にはさすがに3型用はなかったので、しぶしぶ1200円が とこ出しましたよ。たけーなあしかし('A`) ただこのケンコー製プロテクター、シートの作りと説明書がとても よくできていて、「こーゆー細かい作業やらせたらまず失敗する人 選手権」があれば常に全国大会上位入賞間違いないわしのような ぶきっちょでも、なんと一発でカンペキ成功。気泡もホコリも 入らず。素晴らしい。もちろん視認性もマル。値段も(数十円だけど) 競合品目の中では一番安いしオススメっちゅ。

phatninjaphatninja  at 04:24コメント(0) この記事をクリップ! 

頭が上がらない

次の本のネタ繰りをかねて、今までご馳走になったお礼をちょっとでも しようと、鮫氏を食事に誘う。 「焼肉特選コース行きましょう」とがんがん食い、当節流行のネタに ついてがんがん語り、満腹してちょっと用足しに立って、帰ってきたら 鮫氏がちゃっかり会計を済ませていた。 「次の本がもっと売れたら奢ってくれよ」とニヒルに笑う鮫氏。 これだからわしはこの人に頭が上がらないのだった。 帰り道、EOS50Dの高感度を活かしまくりんぐでナイトスナップを少々。
(EOS50D + EF-S17-55mmF2.8IS) 1/6秒、IS01600。ISレンズの手ブレ補正と50Dの高感度で、 二年前には考えられない画像が手持ちで撮れるようになりました。 それにしても今日のアクセス数は異常だw しかもほとんどが鳥居みゆき画像検索からw なに? 今日の午後、鳥居になんかあったのか?

phatninjaphatninja  at 23:20コメント(0) この記事をクリップ! 

EOS50インプレその2


今日は天気いまいち、〆切迫る仕事も溜まってるんで、50D試写はなし。 つーことで、昨日書き漏らしたことなど、インプレの続き。 AF精度はやはりかなり良くなったっすな。もちろん100%の信頼性を このクラスのカメラには求められないけど、少なくとも端っこの エリアでは「当たればめっけもの」程度だった20Dに較べれば、 上下左右端の合焦確率は格段に上がってる。これは昨日の撮影の あがりを見て実感。クロスセンサー万歳。 オートホワイトバランスは、自室で撮ってみると蛍光灯の判定が ときどきまだ怪しい。主被写体の色合いにダマされるのか、 緑カブリが残ってたりします。でも撮影用光源はプロからのデータ フィードバックが多いからか、割とキッチリとオートで対応。 昨日の現場はHMIやらタングステンやら蛍光灯がミックスされる ややこしい光線状態だったけど、ほぼオートできちんと肌色を 出してくれました。ただあまりに光源が入り交じってる時は、 ユーザーが自分で判断した方がベターなこともありました。 例えば「ここはタングステンがやや強いな」と思ったら、「電灯」に 設定したらおおむね文句のない肌色でした。 マニュアルWB使えばいいじゃんという意見もあるんですが、液晶 モニタの色合いのせいか、あれで白取ると、なんか全体に青白くなる ように見えて不安なんすよ。個人的にもやや暖色寄りが好みってのも あるんでしょうが。 このクラスのカメラではあんまり使う人もいないだろうけど、 内蔵ストロボのチャージがべらぼーに速くなってるのにもビックリ。 20Dはファインダー内にチャージメーターが出る仕様になってて、 そのくらいチャージに時間がかかったんだけど、50Dは瞬時。 ポップアップ、即焚きOK。高感度が積極的に使えることもあって、 近めの被写体なら連発も可です。配光角も17mmは余裕でカバー。 高感度といえば、ファインダー内表示に「ISO感度」が加わりましたな。 感度オートモードだと100から1600まで1/3段刻みで激変動するので 常時表示は実にありがたい。高感度のノイズが激減しているとはいえ 「ここは低感度でよりクリアに撮りたいっ」という時もあるしね。 ちうところで、さらなるインプレはまた後日。

phatninjaphatninja  at 22:56コメント(0) この記事をクリップ! 

ブラボー高感度


つーことで購入・即実戦投入とあいなりましたEOS50D。 とりあえずのファースト・インプレッションなど。 今更去年の秋モデルのインプレもないもんだけど( ̄▽ ̄) なんつってもやっぱりファインダーがいいですな。 像が大きくてクリアで、これだけで疲れが半減する。 今回の仕事に関して言えば、もうとにかく高感度のノイズの 少なさにカンドー。撮影用の照明があるとはいえ、決して十分な 光量ではない室内。外は曇天。そしてじきに日暮れ。 20Dなら「ああ、もぉあかん。布団かぶって屁こいて寝たろ」と ならざるを得ない状況。しかし50Dは感度オートにしておけば、 ガンガンとISO1000以上に設定。1600でもノイズは少なく、 細部も潰さず、充分商品になる画像が吐き出されてくる。 とうとうISO1600が常用域になりましたよ。 いやまあグラビアになるかっつったらキツいけど、記録写真として なら充分以上のクォリティですわ。はー、技術の進歩オソロシス。 バッテリーは使い古しのサードパーティ製、メディアは高速とはいえ トラブル報告も多いシリコンパワー。不安もあったけど、結局ほぼ ノートラブル。控えで持って行った20Dは出番なしでありました。 厳密に言うと一度だけエラーメッセージが出たけど、これはレンズ 接点に起因するもの。実は使ってたレンズも、ちとイワク有りなので これは仕方ない。つーかエラーメッセージも、ただコードが出るだけ じゃなくて、ちゃんと対処法まで液晶モニタに表示されるが凄ぇ。 週末はお外で低感度の画像をチェックしようと思うです。はい。

phatninjaphatninja  at 01:26コメント(0) この記事をクリップ!