トップページ » 2008年12月
2008年12月

大晦日

気がつけば今年も終わりですか。 そろそろ実家に帰るか、と思ったらなぜかOutlookがメールを 受信しなくなったんで(メールチェッカのお知らせはちゃんとある) Thunderbirdに急遽乗り換えたり、冷蔵庫の整理も終わったなーと 思ってたらタマゴが三個も残ってることに気づいたり、例によって ギリギリになってアタフタする生活。 Thunderbirdは以前も乗り換え試して設定移行失敗してそれっきり だったりしたんだけど、今のヴァージョンは自動でインポートして くれるんでラクラクですな。ちゃんと受信もしたし、助かった。 しかしなんでOutlookは急におむずがりなんでしょうかね。謎。 とりあえずこれからコンビニで粉買ってきてホットケーキ焼きます。 では皆さん、よいお年を( ̄▽ ̄)

phatninjaphatninja  at 13:38コメント(0) この記事をクリップ! 

たけしはキてる

毎年末恒例、たけしのオカルト特番、今年もよかったぜ 『ビートたけし緊急報告禁断の衝撃スクープ!!超常現象(秘)Xファイル』 今年はオカルト系ライター山口敏太郎氏がコメンテーターに加わり、 多分この人が番組にネタ提供もしているのだろう、ヴィヴィッドな 国内UMAネタからメキシコのコビト型UMAのミイラ、さらに以前この ブログでも取り上げた元宇宙飛行士のトンデモさんエドガー・ミッチェル 博士にガチインタビュー敢行、最近とみにオカルトタレントとして 露出開始し伊集院をも震撼させた須藤元気がイッた目つきでバシャールを マジ語り、なぜか最近また深夜にちらほら復活し始めた元ワンギャル 相沢真紀唐突なゴールデン登場と、充実の内容でありました。ああ、 ここは70年代後半のニッポンか、とタイムスリップ感覚満点ですわ。 この山口サン、かなりのキレ者でありまして、場面に応じて懐疑主義的 になったり、ゴリゴリのビリーバーになって大槻教授を舌戦で追い詰め たりと、大活躍。しまいにゃ大槻教授、最近テレビでもてはやされる トンデモ説「人類は月に行ってない論」(爆問の太田あたりも ビリーバー)の信奉者になりつつあることを告白するなど、 問題発言も飛び出しました。
まあテレビでこそ合理主義・懐疑主義の代表的論客とされる大槻 教授ですが、ぶっちゃけこのヒト、信奉してるのがオカルトか プラズマかって違いだけのトンデモ学説を平気で著書に書いちゃう プラズマ馬…もといプラズマ著しく好きオヤジですんで、この 華麗なる転向ぶりも決して意外でもフシギでもないんですが。 それにしてもゆうべのTBS生放送では久しぶりにキレッキレのたけしが 全開で、スタッフが確信犯的に放送コードギリを狙った感じが すんばらしかったなあ。この数年、「扱いのめんどくさい大御所」 ポジションに置かれつつあったたけしだけど、まだまだ「やったら やれる」ところを見せつけましたなあ。夏の27時間TVでもその 雰囲気をびしびし出してたけど、来年にかけて「たけしルネッサンス」 が見られるかも知れないなあ。楽しみだ。

phatninjaphatninja  at 22:11コメント(0) この記事をクリップ! 

生録散歩


年末らしい、穏やかな好天。 日向を歩くとぽかぽかしてくるような散歩日和でした。 つーことでLUMIX FX35とICR-RS110MFをポケットに入れて、年の瀬の アメ横を生録散歩にいてきました。 しかし今日明日のアメ横は、ぶっちゃけ歩くだけで一苦労。人大杉。 あんなもん、もはや買い物することすら不可能な人口密集ぶり。 まあそれでもどうにか少しだけ録音。よろしければヘッドフォンで どぞー。

アメ横.mp3 - 電車が通るとどう頑張ってもクリッピング起こす厄介な場所でもある。 そうかと言って、マイク感度を「低」に落とすと今度は臨場感が… 個人的には、多少の音割れには目をつぶっても、こーゆー街録りでは 感度「高」でいくべきだと思うです、このレコーダーの場合。 上野公園(こちらはもう人出も閑散)でしばらくマターリして、 今度はお隣のアキバへ。コミケ流れで同人誌ショップの前は多少 人だかりになってたけど、普段の週末に較べると、こちらも 人は少なめ。メインのノート用にバルクのメモリ買って帰宅~。 メモリが一気に3倍になって、画像の処理も音声編集も快適に なりますたー!( ̄▽ ̄)

phatninjaphatninja  at 21:39コメント(0) この記事をクリップ! 

プレゼント

九州の友達Kちゃんから年末恒例のプレゼントが届いた。 レザーのいい匂いがするバッグだ。 ありがとねえKちゃん。 わしもたまには親に手土産でも買うか-、とビックやハンズを回る。 どちらも日曜の午後となると、ふだんは買い物客でごったがえす店 だけど、都民の多くが帰省モードに入った今はレジに並ぶこともなく スムースなお買い物。盆暮れの東京、大好き( ̄▽ ̄) ※画像と記事は関係ないっちゃ
(EOS20D + EF50mmF1.4)

phatninjaphatninja  at 19:59コメント(0) この記事をクリップ! 

99円カナルイヤフォン


最近99円の商品がにわかに少なくなっていることでお馴染みの 99イチバに入ったら、なんとカナル型イヤフォンがありました。 99円(税抜き)で。 2、3時間慣らしをして聴いてみました。 んあー。なるほど、99円ですなあ、という感じ。 異常なカマボコ型といおーか、高音も低音もあんまり出ていない、 やたらとレンジの狭い再生音です。中域も安ラジカセ風に濁ってます。 ステレオ感だけはありますね。まあ話のタネにどうぞ。99円ですので。 昨日買ったEeePC1000H、バックパック(長らく押し入れに監禁され ていたジャック・ウルフスキンのカメラザック)に詰めて、お散歩。 ほんとに軽くて屋外でも取り回しが楽。3時間ほど電源入れっぱで 開いたり閉じたり忙しかったけど、バッテリーも全然余裕。これは 使える。 しっかし公園で座って開いてみると、あるもんですな、野良AP。 皆さんセキュリティはしっかりとね。

phatninjaphatninja  at 22:31コメント(0) この記事をクリップ! 

EeePC 1000H精進


はいっ、今年最後のお買い物は、Asusのネットブック EeePC 1000Hであります。 携帯性に特化したモバイルPCで、この冬のPC商戦の目玉カテゴリー。 この1000Hは160GBの大容量HDDを搭載(ちなみに今この書き込みに 使っているノートのHDDは80GBしかないwww)しながら、 バッテリー駆動6.9時間というカタログの売り文句にやられて 買っちまいました。これならどこへでも持ち歩いて仕事ができそ。 ビックカメラで54800円。 向かいのヤマダでは無線機能の一部とStarSuiteを省いて48800円 のオリジナルモデルもあるんだけど、現在カラーが白のみ。黒の 入荷は年明けと聞いて、ビックに決定。 Asusはファインエボニーと呼んでるけど、モニターの裏側が鏡の ようにツヤツヤの、いわゆるピアノブラックの仕上げ。顔が 映るほどですわ。安いPCなのにこーゆーとこしゃれてますな。 ただしちょっと触ると指紋掌紋手の脂がべったり付きますwww 美ってのは非実用なもんですw B5サイズだけど、キーピッチは大きめで、長いテキストの入力も それほどしんどくなさそう。 こんなちっこいのにサウンドシステムはドルビーサラウンド対応。 スピーカーがフロント下面にあるんだけど、ムダに音がいいw リカバリDVDが付属してて、DVD再生ソフトもバンドルされてる けど、ドライブねーよwww オマケとして小さい光学式マウスとキャリングケースと クリーニングクロス(つやつや磨き用かw)が付属。 店員にうまいこと言われてあれこれ勧められても買っちゃ ダメですよw そんなお金があったら外付けDVDドライブか USBメモリでも買いましょう。 モニターはさすがに高精細とはいえません。密度の高い画像を 表示させると、曲線などの描写はけっこうジャギー。まあ、 そういう用途のPCではないってことです。ちなみにAsusは モニタのドット欠けがあった場合、パネル交換をしてくれる ZBDサービスというのを行っていて、このモデルも対象機種。 フロンティアのノートでいきなりドット欠けに当たっちまった わしみたいなユーザーには嬉しいサービスですな。幸い、この 個体にドット欠けはありませんでした。 サービスと言えば、来年1月18日までに購入のユーザーを対象に、 抽選でバッテリーもう1本プレゼントのキャンペーン中。 こ、これは応募しようw

phatninjaphatninja  at 22:27コメント(0) この記事をクリップ! 

今年も毒男


例年恒例、毒男が集合してクリスマス死ね死ね祭をモツ鍋食いつつ 挙行。いつか一人欠け二人欠け誰もいなくなるだろうと思っていた 毒男軍団、今年も誰一人欠けず。せつねえ! なんか世相のせいか、話題も暗いものばかりで、どんよりした酒席に。 そんな中、自分の大好きな特殊性癖AVについてアツく語り、座を 盛り上げてくれる鮫隊長。その名人芸、思わずリニアPCMで録音。 この世で一番くだらねえPCMファイルだ( ̄▽ ̄) 「俺は(AVに)ファンタジーが欲しいんだ。リアルはいらねえ」 「このままだと俺はいつ全身タイツフェチの世界に行くか」 「えっ、知らないの? 床オナ。俺も一回だけ試したけど」 「えっ、(芳賀書店のポイントカード)皆さんお持ちじゃないんですか?」 さすがだよ隊長。世相に負けないこの芸風。腹いてえよ。 そうそう。 宴会集合前に、メトロポリタンプラザでFUNKISTのフリーライブ観た。 わしこのバンドのこと全然知らなかったんだけど、インディーズ ながら世界中回ってライブやってたそうだ。全員プレイが達者 なのはもちろん、ヴォーカルの嫌味なく客を転がすMCといい 歌唱力といい、ほんとに凄かった。作為なく腹の底から溢れる ようなハッピーなリリックやパフォーマンスが素晴らしい。 メジャーフルアルバムがまもなく出るそうだけど、売れるなありゃ。 あ、ヲタののクリスマスといったらやっぱりコレですね。 続きを読む

phatninjaphatninja  at 00:09コメント(0) この記事をクリップ! 

図書館「ボーイズラブ」に揺れる


 「ボーイズラブ(BL)」と呼ばれる男性同士の恋愛をテーマに した小説に、堺市の図書館が揺れている。市民の声を受けて貸し 出しを制限したところ、反対に「特定の本を排除するのは問題」と 非難が集中し、制限を撤回。「また突然、対応を変えるかも」と 市民の不信感は募っている。                    (京都新聞) ------------------------------------------------------------- アッー! BL本を図書館に置くなよとか、腐女子もエロ本図書館で借りるなよ とか、抗議したのどんな「市民団体」だよとか、もうどこから ツッコんでよいのやらっちゅーニュースですな。 堺市民男子はぜひとも図書館に二次元ドリーム文庫とか美少女文庫 も収蔵してもらうよう働きかけるべきです。

phatninjaphatninja  at 16:20コメント(0) この記事をクリップ! 

バットマン映画次作タイトルは『ゴッサム』


MovieWalkerのコラムによると、バットマン映画次回作のタイトルは 『Gotham』になるとのこと。クリス・ノーランが監督してくれるなら、 暗黒の犯罪都市ゴッサムの風景や歴史をじっくり描いてくれそう な期待感溢れるタイトルだけど… リドラー役にエディ・マーフィ(げっ)、ロビン役(げげげっ!)に シャイア・ラブーフが決定って… 超ダメそうなんですけど、この顔ぶれ! あとリドラー、ペンギン、キャットウーマンってヴィラン出し 過ぎだろ。なんかシューマッカー監督の末期バットマンのダメダメ っぷりが脳裏をよぎるんですが。大丈夫?

phatninjaphatninja  at 22:19コメント(0) この記事をクリップ! 

HM-250キター

つーことで、前々から興味津々だったバイノーラル録音がたった 5千円で出来ちゃう三洋純正の3WAYマイク HM-250、ポチりました。 で、届きました♪
電話録音マイク、ステレオピンマイク、そしてバイノーラルマイク と三通りに使える変わった商品。タイピン型のホルダーにジャキーン と合体させるとピンマイク、分離させるとバイノーラルマイクになる。 バイノーラルマイクって、上は200万円、下でも2万円くらいする、 えらく高価な特殊マイクなんだけど、そう言う意味では三洋のコレは 破格なんであります(安いパーツと簡単なハンダ付けで作れるので 自作されてる方も多いですな)。 正直、見た目はデザイン、素材ともに安っぽい。外装にアルミを 多用した同価格帯のオーテクT99シリーズとかに較べると、夜店で 売ってるオモチャみたいなプラスチック製。ムダに多機能なのも、 なんか大事なところに手を抜かれてそうで、こりゃダメだろうなあ と思いつつ、まずはピンマイクとして試用。 最初こそ、やっぱり音もガリガリ安っぽいなあとガッカリしたけど、 一時間ほどいじくって、レコーダーのレベルをぐっと落とし目で 使うのがコツとわかりました。思ったより感度が高いんですな。 つか非常にピーキーというか音割れしやすい。レコーダーの取説には 「警告LEDが点灯しない範囲で、できるだけレベルメーターが右に 振れるように調整して下さい」とあるけれど、このマイクを付けた 場合は、それだと音割れまくりで使い物にならない。平均値をレベル メーターの真ん中へんに抑えると、レコーダーの内蔵マイクと 変わらない、非常にクリアな音を拾います。ぶっちゃけ、この チープな外観からは想像つかない音でした。 つーか今、仕様見たら周波数特性30~20000Hzって、おま… えらいワイドレンジだ。いくら無指向性だとはいえ。ちなみに レコーダー本体の内蔵マイクは60~20000Hz。なにこれめっちゃ 優秀マイクじゃん。それともカタログスペックだからゲタ履かせてる? また内蔵マイクはレコーダーの操作音をノイズとして拾ってしまう んだけど、これ付けてるとそれもなくなり、録音しながらのレベル 調節も安心して出来ます。 ただしフカレにはアタリマエのように弱い。デザイン的に仕方ない とはいえ、ウインドスクリーンもないため、屋外使用はちょっと 考え物。昨日みたいな強風吹き荒れる日はもう大人しく使用断念 した方が吉( ̄▽ ̄) つーわけでキモのバイノーラル録音、やってみました。 始めは「んっ。思ったより立体感感じないぞ」と首ひねったんですが、 本体の録音設定で「ステレオワイド」をオフにすると、キリッと音が 立ち上がりました。 使用法はいたって簡単。レコーダーに接続して、マイクを耳に入れて、 録音ボタンを押すだけ。意外と耳への納まりはよくて、歩き回っても ポロリと落ちたりしないっす。出力は耳でモニターできないので、 音量は本体のレベルメーター頼り。 師走の地下街を歩きながら録音してみましたよ。 うはwwwwww回りの足音とか話し声とか案内放送とか、異様に リアルに再現されてる。ちょっとビビる( ̄▽ ̄) やべえ。これ楽しいぞ。 耳入れ型マイクは自分の心音とか呼吸音も拾ってしまうのが困る という記事をどっかで見たけど、呼吸音はともかく心音は大丈夫 だったっす。息も音を立ててハァハァしてなければ無問題。 もう年内の仕事もあと少しだし、年末年始はこれもってあちこち 歩きますか。浅草とか渋谷とか面白そう。 ※バイノーラルの実例に関してはコチラなどどうぞ( ̄▽ ̄) 他にも上質な音源を公開してらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。

phatninjaphatninja  at 01:54コメント(0) この記事をクリップ!