トップページ » 2008年09月
2008年09月

相変わらずの自分落下傘

今日はやけにアクセスあるなあと思ったら、鳥居みゆきと、なぜか 「柚木かなめ」で画像検索してくる人が多い。 なんでだべ。 どうも今週の『リトルバスターズ!』ネトラジ(音泉)にゲスト出演、 相変わらずの自分落下傘ぶりをぶちかましてくれたのが原因かと。 続きを読む

phatninjaphatninja  at 21:15コメント(0) この記事をクリップ! 

突然に秋

なんですか、今年は冷夏だったとはいえ、それでもついこないだまで 扇風機回しっぱなしだったのに、気がつくとすっかり深秋の気温。 しかも一日やまない雨。 気候がこうなるとあたしゃもう一日鼻づまりですよ。 週末かかりっきりだった仕事もひと段落ついたので、今日は一日 HDDに溜まったアニメやらなんやらを見てましたとさ( ̄▽ ̄) やべえ、『ファイアボール』の最終回、不覚にも感動wwwww ドロッセル様、Figmaで出ねえかなあ…ネズミーだから難しいか… ※画像と記事は関係ないときたもんだ
(EOS20D + EF-S17-55mmF2.8IS) 【追記】 ドロッセル様、カプセルトイで来年発売だって! やべえwwwww欲しいwwwwwww


phatninjaphatninja  at 22:06コメント(0) この記事をクリップ! 

『ネバー・サレンダー 肉弾凶器』

いつまでたっても抜けない塩分にもかかわらず、いつの間にやら 全米で(すなわち世界で)最高のギャラを取るプロレスラーになって しまったジョン・シナ初主演映画。 そのものズバリ『THE MARINE』(海兵隊員!)というヒネリもなんにも ないタイトル。そのタイトルバックでシナが礼服とバカ面で敬礼する オープニング。「肉弾凶器」という80年代フナイビデオ臭漂う 素晴らしい邦題などなど、もう映画が始まる前からお腹いっぱいの バカっぽさにウンコ映画マニアの血が騒ぎます。もちろん地上波 初放送は木曜洋画劇場ですよねテレ東さん!! もう客はデートで来る十代のアホガキ! と非常にターゲッティングの しっかりした映画でありまして、その本道から一ミリもズレない作りが 実に痛快。 命令不服従で除隊になったスゴ腕海兵隊員シナが、旅行先でたまたま 出くわした強盗団に女房を誘拐される。野っ原と湿地以外なんにもない ド田舎を舞台に(おカネがかからない!)、シナの孤独な追跡が始まる! ストーリー、以上! 小卒程度の学力でカンペキに理解できる範囲からハミ出しては いけません。細かいところにおカネはかけられませんが、その 代わり、カーチェイスと爆発にだけは予算惜しみません! 悪役は『T2』のロバート・パトリックと微妙な大物感がまた最高。 不屈の闘志で追ってくるシナに三下悪党が思わず「まるで ターミネーターだぜ!」とつぶやくと、パトリックがジロリと にらむなんてしょーもないギャグも忘れない心配りが映画の 安っぽさに拍車かけまくりです。もちろんラストは最強シナを 相手に手もなくヒネられます。歯ごたえゼロ! くっっっ! でも頑張れシナ! ビンスに頼んでもっとこういう映画作ってもらえ。 できれば年に一本くらいのペースで。で、いつしかプロレスを忘れて、 ドルフ・ラングレンかチャック・ノリスくらいのクラスのスター 俳優になってハリウッドで頑張れ。お前プロレス向いてねえから!

phatninjaphatninja  at 22:53コメント(0) この記事をクリップ! 

聴き込んでみればいいじゃない

つーことで、買い直しましたよKOSS SPARKPLUG。 でもって改造しましたよ。 続きを読む

phatninjaphatninja  at 23:41コメント(0) この記事をクリップ! 

好きだねえMX


MXTVの金曜深夜枠、『フルメタルパニック』をついに『ふもっふ』まで 連続オンエアかよ…どんだけFMPヲタがいるんだよ編成にwww あ、フジテレビ未放送分やってら…

phatninjaphatninja  at 02:57コメント(0) この記事をクリップ! 

イヤフォンいじってみればいいじゃない

昨年末に買ったKOSS SPARKPLUGの音にもそろそろ飽きてきたので、 アキバの三協特殊無線でST-COM SPECIAL EDITION Kit?買って きましたよ。 しっかしSPARKPLUG、2千円の低価格イヤフォンなのに、えらい 頑丈だったなあ。落っことして踏んづけてハウジングが外れるクセが ついてたんだけど、カパッとハメ込めば元通りだし、一度なんか 洗い物してる時にポチャンとシンクに水没させたりしたんだけど、 乾いたら完全復活したしなあ。 なんてなコト言いながら、しこしことイヤピース取替え作業を していたら。 あっ。 外れグセのついていたハウジングがパカッと。 しかも力入れすぎてたせいで、今まで頑張ってきた銅線がプチッと。 もう完全に断線。いやただハンダづけが切れただけだから、 器用な人ならコテさえあれば直せるんだろうけど、わしにはこんな ちっちゃな物ハンダづけは無理! あー・・・ まあいいか。2千円だから。明日新しいSPARKPLUG買ってこよ。 てかもう死んだらいいよ、わしは('A`) ※へこんだので明るい画像貼っておきますよ。
(EOS20D + TAMRON SP24-135mmF3.5-5.6)

phatninjaphatninja  at 23:41コメント(0) この記事をクリップ! 

『ヒーローズ』オワタ


日テレで放送したシーズン1終了~。 アメコミラブをたっぷり盛り込みながら、実写ドラマならではの 新しいスーパーヒーロー物語を見せてくれましたなあ。 毎回面白かったし、恋愛ネタでプロットが横道に逸れるようなことも なかったし、何よりキチンとカタ付けてシーズン終わらせたのが 素晴らしい(もちろんアメドラのお約束として「続く」エンディング ではあったけど)。 ただまあ、そういう世界観ではないんだよと分かってはいても、 やっぱり最後はヒーローチーム集結しての大バトルが見たかった という気もしないではないのはアメコミヲタのサガ( ̄▽ ̄) それにしてもあれだな。 巨大なテロを自作自演して世界に平和をもたらそうという計画は、 モロに『ウォッチメン』からのパクリでしたなあ。『ウォッチメン』 の実写映画もいよいよ来年公開だけど、あの「1985年の近未来」 という独特の世界や、コミックヒーローの歴史と、二世代にわたる 個人史が複雑に絡み合う壮大なプロットをどこまで一本の映画に まとめられるのか、不安と興味半々というところ。1980年代の ニューヨークをセットで再現してるなんてワクワクする報道が ある一方、ソ連が消えて久しい現代の観客に冷戦の緊迫感が 伝わるものかなあ。『300』の監督だから、しかるべくうまいこと やってくれるとは思うけど。


phatninjaphatninja  at 03:40コメント(0) この記事をクリップ! 

Afrika!


開催中のフォトキナでライカが中判デジタルカメラを発表。 いやー、現行の135フィルムフォーマットは別名ライカ判ちゅーくらい で、いわば35mmの代名詞ともいえるライカが、よりにもよって中判 デジタルですよ! 名前はライカS2、コードネームAfrikaだそうで、やっぱりネイチャー フォトのカメラマンを意識してんだろうか。 中判といってもセンサーサイズは30×45mmで、マミヤZDよりちょっと だけ小さい。しかしなんで今さら中判デジタルなのか。なぜシリーズ 初号機なのに「2」なのか(Mの1号が「3」だったのをなぞらえてん のか?)。ナゾは深まるばかりでございます。 つーかこんなん出してるヒマあったら、とっととM型デジタルの フルサイズ化やれよ!という全世界のライカオヤジの怒号が 聞こえるようであります( ̄▽ ̄)

phatninjaphatninja  at 22:53コメント(0) この記事をクリップ! 

ケータイ捜査官7


今日放送の『ケータイ捜査官7』、1時間スペシャルってことで シリーズ監督の三池崇史がメガホンを執った贅沢な作り。 ちょっと前には押井守が監督した前後編もあったし、ほんと人材 奢ってるねこの番組は(まあ押井監督回は、イイ歳してゴールデン枠 二週分任されて、あーゆー小劇場の芝居みたいなホン平気で出して くるあたりに、押井大先生の芸術家気取りが鼻についてしょーが なかったわけだが)。 例によってお金はベラボーにかかってて、特殊効果やCGはテレビの レベルじゃないね。逆に言うと、もっとお金かかってていいはずの プライムタイムのドラマの映像が、これよりはるかにチープなのは なぜだろう。アイドルがギャラ取り過ぎなんじゃねーの? 三池監督の演出もエッジ立ちまくってて、前半のマギラ登場シーンの カットなんか、久しぶりにテレビ見ててゾクッと来た。 反面、後半のケイタと7のねっとりとクドくてアブラっこい カラミはも三池監督らしさ全開で、ちょっと胸焼けた( ̄▽ ̄) 映像がよかっただけに、脚本はなんか全体にいまいち感漂いまくり。 ある意味、この作品全体に通じる残念感が凝縮されたような回だった というかね。 シリーズ全体の転換点ともいえるエピソードだから、新たな強敵 出現、ゼロワンの改心、アンカー局長退任(増岡徹さん大好き なのに…)といろいろ重要なイベントがあり、また前半パニック シーンも豪華な特殊効果のおかげでワクワクさせてくれる。 それだけに、後半は鎖につながれたケイタががなってるだけで 宿敵ゼロワンが心を入れ替えてしまいハイ事件解決という、 なんだかなーの展開に萎えまくりなわけですよ。 近年珍しい、ゴールデンで一年の長丁場が決まっている特撮番組 だけに後半のドトウの展開に期待したいところですが、まあこんな 調子で一年終わるんだべなあ。 こっから違う話。 ちょいと前に最新版が出たVLCメディアプレーヤーを使ってみたよ。 フランスを拠点に作られているオープンソースのマルチメディア プレイヤーで、特に動画の対応形式の数がハンパない。flvやDVDや divxも単体で再生できるというのがウリ。 高性能な一方、ホントに素っ気ないインターフェイスは逆に一般人 には敷居が高い印象だったのだけど、そこらへんを大幅改善して、 直感的操作もかなりやりやすくなった。Shoutcastの受信も楽々♪
ただ動作が少々重いのも相変わらずで、わしのようにXPと貧弱な メモリのノートで動かそうとすると、特に動画はけっこう不具合が 出る。比較的軽いflvでもノイズやトビが発生するので、ご使用は 充分なPCスペックを推奨。 しかしmp3ですらイントロがトンだりするのは参ったなあ。 JetAudio飽きたからそろそろ替えようかと思って落としてみたんだ けど、軽さや安定性はまだまだコッチだな。いやJetはJetで、 広告うぜーとか、ネットラジオの対応があんまりすぎるという 欠陥はあるんだけどね。聞き飽きた曲にちょっとリバーヴかけたり クロスフェードかけたりっつった遊びがワンタッチでできる インターフェイスと再生機能のよさはJetならではなんだよなあ。

phatninjaphatninja  at 22:21コメント(0) この記事をクリップ! 

肥後守


ちょっと前にオピネルを買ったんだけど、これのことを「フランスの 肥後守」なんて表現する人がいる。安くて生活に密着した、よく切れる 日用刃物という位置づけがソックリだからだ。 肥後守も折りたたみ式のシンプルなナイフで、わしの父親くらいの 世代の男の子は子供の頃みんな持っていて、工作やエンピツ削りに 使ったそうだ。 もっとも、今は工作にはしゃれたデザインナイフが数百円で売ってる し、エンピツ削りには電動シャープナーがあるし、そもそもエンピツ 自体、専門職の人くらいしか使わなくなってるしで、肥後守も現在は ナイフファンのコレクターアイテムになってしまっている。 なんで突然こんな話をするかってーと、今日、近所の八百屋で見たん です。肥後守。 長ネギ買ったら、これが袋に詰めにくいので、店のおばちゃんが 「青いところ切ったげようか」という。わしが頷くと、おばちゃん やおら手元の肥後守の刃をシャッと出して、スパッとひと振りで まな板も使わず、長ネギ3本の葉を見事に落としてしまった。 このスピード感。この切れ味。しびれたねわしゃ。 ツカも刃も、手アカ水アカ黒サビで真っ黒になっちゃってるんだけど、 よく研いであるんだろうね。そして長年ネギやらビニール紐やら ゴボウやらを裁ち落としてきた、おばちゃんの日常の静かな練達の 技というかね。 ああ、これぞ肥後守のあるべき姿だなあ、かっこいいなあと。 あの独特のスピード感は、ストッパーも何もない、スッと振り 出したら刃が出るシンプルな構造の肥後守ならではだよね。 反面、使ってる間はずっと刃を指で押さえていないといけないので 長時間の作業には向かないのだけど、それゆえに安全な刃物でも あるんだよね。 やべえ。ちょっと欲しくなってきた。使い道ねえのにwww 以下、関係ない話。 続きを読む

phatninjaphatninja  at 23:48コメント(1) この記事をクリップ!