トップページ » 2008年06月
2008年06月

毎日さん、まだリンク残ってますwww

児童の性被害問題をこよなく憎む毎日新聞でありますが、一方、 「毎日小学生新聞」のサイトに、毎日本紙生活欄のかなりドギツイ 内容のセックス相談(もちろん大人のカップル向けのもの)を 直リンクしていたのが昨日発覚。某巨大掲示板で話題になるや いなや削除して知らんぷりしてましたが、ポータルサイトgooにある 児童向けカテゴリ「キッズgoo」での検索から閲覧できる「毎日 小学生新聞」には、現在もバリッバリ残ってますな。リンクが。 しかもご丁寧にふりがな付きで。
ちなみにリンク先記事抜粋。 ---------------------------------------------------------------- ■夫(おっと)に言(い)えない妻(つま)達(たち)の理想(りそう)のセックス アンケートコメント:今(いま)は、子供(こども)を作(つく)る ためのセックスしかしてない。排卵(はいらん)日(び)以外(いがい) には、求(もと)めてこない。結婚(けっこん)前(まえ)は 前(ぜん)戯(ぎ)があったけど、今(いま)はなく、入(い)れる だけなので、痛(いた)くて仕方(しかた)がない。最後(さいご) は私(わたし)の中(なか)でいくことはなく、手(て)で自分(じぶん) でしてから、出(だ)すだけなので、とてもむなしい。 結婚(けっこん)前(まえ)のような、スキンシップありつつ、 前(ぜん)戯(ぎ)あり、私(わたし)の中(なか)でいくような、 セックスがしたい。(30代(だい)) --------------------------------------------------------------------- 個人的には児童性教育に賛成でございますし、正しい性知識を 与えるべきだと思いますが、「きちんと前戯して中出しして欲しい」 って奥様の悩みは、小学生には少々生々しすぎるかと愚考します ハイ( ̄▽ ̄) 【7月1日追記】 現在、キッズgooで「毎日小学生新聞」を検索。リストに表示された 当該サイトに飛ぼうとすると・・・ 「ごめんね。ページがひょうじできませんでした。」 キッズgoo上では、検索結果からジャンプするページを表示する際、プログラムにより表示を制御(フィルタリング)しています。このため、ページによっては、キッズgoo上で表示されない場合がございますのでご了承ください。 うはwwww毎日小学生新聞、ついに有害サイト指定wwwwwwwww

phatninjaphatninja  at 18:07コメント(0) この記事をクリップ! 

とらのあなでフィギャー大特売

昨日、隊長と待ち合わせした「とらのあな池袋店」、1Fの フィギュアコーナーで大特売中。Figmaやらフィギュアやら、 ハルヒ関係を中心にほぼ半額かそれ以下で叩き売ってます。 まー昨日のうちにあらかたハケちゃったろうなあと思いつつ、 昼時にチェックに行ったら、うわ、全然減ってねえw やっぱあれか。売れ残るものには理由があるし、不況時代の ヲタはそーゆーものにはシビアで、半額になろうとホイホイとは 飛びつかねえってことっすか。 えー、とりあえず、『シュラキ』のリゼ(2500円)と、リボルの イングラム二号機劇場版(600円)を確保。イングラムはFigmaとか の小道具&パーツ取りのつもり、リゼたんは、あれだ。最近アツい とかゆーキャストオフってのを手にとって見たかったんだよーう。
イングラムはリボルテックのクセに股が開かないのが最悪。 銃器類をFigmaに持たせようと思ったら、あ、指切り開かなくちゃ いかんのか。うーん、まだ刃物を入れるのは忍びないなあ。 いろいろ残念。 リゼたんは…おー、これがキャストオフか。エロいのう。 でも5分で飽きた。やっぱり可動ドール馬鹿一代のわしは ポーズをいじって遊べないと間がもたん( ̄▽ ̄) あと服を一回着替えさせただけで、ものすごい勢いでお肌に 色移りしたど。やっぱあれか。キャストオフ状態がデフォか。 イラストやら中の人の写真やらいろいろ載ったリーフレットと、 ドラマCDが同梱。ドラマは30分くらいのオマケ的なものだろうと 思ったら、72分びっちり入ってる。おカネかかってるなあ。 まあ聴かないけどw 続きを読む

phatninjaphatninja  at 15:51コメント(0) この記事をクリップ! 

感謝また感謝

今のところペンディング状態になっているとあるお仕事。
(LUMIX FX01) 続きを読む

phatninjaphatninja  at 21:47コメント(0) この記事をクリップ! 

毎日新聞、変態記事問題で逆ギレ告訴視野に

インターネット上には、今回の処分とは全く関係のない複数の 女性記者、社員個人の人格を著しく誹謗(ひぼう)・中傷する 映像や書き込みが相次いでいる。毎日新聞はこうした名誉を 棄損するなど明らかな違法行為に対しては、法的措置を取る 方針でいる。                   (毎日新聞) ----------------------------------------------------------------


phatninjaphatninja  at 19:25コメント(0) この記事をクリップ! 

高樹沙耶さんのブログ炎上

tt7950

saya_takagi15

ロハス女優・高樹沙耶さんのブログが絶賛炎上中ですね。

何でも千葉の白浜にカフェを建てるご予定の高樹さん、ご自身の
ブログで「壁塗り・藁積みの作業をするボランティア募集」を
かけたと。ただその条件があまりにあんまりなので、昨夜から
大炎上。

■ボランティア(自発的奉仕)なので当然無給
■交通費・宿泊費も自己負担
■昼食のみ支給
■宿泊場所は周辺で各自用意。野宿用の敷地もあります
■ただし自炊禁止
■最寄のコンビニまで3キロ
■トイレは近隣の店舗宅地で各自借りるように
■作業は7月5日から7月26日(真夏の炎天下)
■基本、高樹さんは現場に来ません

炎上後、ご本人が、一般的な工法ではないので左官屋さん頼むと
高い、ひとつ工法の勉強会とご理解いただきたいとコメント
しましたが、

●リストラされた貯金ゼロのUターンリーマンが田舎に家を
建てるんならともかく、しこたまお金はあるはずの人気女優が
●営利目的の店舗を建てるのに
●無賃労働提供者募集

ってどうなんでしょうね。
雨が降ったらどうするの? もしケガ人病人出たらどうするの?
(真夏の肉体労働はキッツイぞー)、大量に出るであろう
コンビニ弁当のゴミってエコ思想に反さない? などツッコミの
嵐が巻き起こってますな。

ちなみにこのブログ、ちょっと前のエントリには「水の結晶が…」
(ノ∀`)アチャー ロハスとか言う人って、どうしてハマるのかしら、
こういうトンデモさんに。


phatninjaphatninja  at 21:30コメント(0) この記事をクリップ! 

サイゾー、毎日新聞に反論

前のエントリで話題にした「児童性愛者向けのマンガを云々」 という毎日新聞の変態記事に、引用元と名指しされた日刊サイゾー が公式反論です。 当該記事は  「サイゾーによれば、パールハーバーと南京大虐殺の後継である 政府省庁が、テディベアを持ってメイド服を着たかわいらしい漫画の 少女キャラクターに日本の防衛策を説明させるようになった。 最近では、キワどい幼児性愛漫画のキャラクターを使って政策を アピールする政府機関が増えているが、そのなかでも防衛省の少女 キャラクターはオタクを引きつけている、と同誌は言っている」 (Yahoo!ニュースより引用、改行管理人) というものですが、サイゾーは元記事を全文掲載し、 「パールハーバーと南京大虐殺」のくだりは当社の記事ではない と反論しております。毎日デイリーニュースおよび筆者ライアン・ コネル氏の嫌日的姿勢がよく現れた捏造事例であります。
ついでですので、毎日新聞コラムより、社会部岩佐淳士氏による 寄稿「ネットでの「祭り」を取材して」より引用します。 『ネット社会を取材して「匿名の悪意」を黙って見過ごすわけには いかないと感じている。』 まったく仰るとおり。毎日新聞はマンガ家さんを侮蔑した記者の 名前をきちんと伝えるべきでした。企業の壁の後から、立場の 弱い個人を恫喝してはいけません。 『そんな粗野な世界を私たちは望んでいるのか。私たちはネットを 使う時、手にした力の大きさや伝えることの怖さをどれほど 自覚しているのだろうか。』 天に唾するという言葉がこれほど適切な事例は最近見ませんね。 その言葉、そっくりお返ししましょう。対外プロパガンダなら 批判されたからってオタオタせずに、貫徹しなさいと。それが あなたがた毎日新聞の思想なのだから。しょせんネットの カキコミなど(このブログを含め)便所の落書きに過ぎません。 しかしあなた方はウソや侮辱を「事実である」と発信して お金が稼げているんです。これこそ情報エリートというものです。 メタタグに「hentai」「geisha」なんてアダルトサイト用ワード が潜んでるサイトなんて、まさに毎日新聞にこそふさわしい じゃありませんか。もっと胸をお張りなさい( ´∀`) 【追記】 毎日新聞社サイトのエロメタタグに関する報道。 ◇毎日新聞社の日本の悪評バラ撒き行為。コーナーだけではなく社全体で行っていた可能性◇ (livedoor news)

phatninjaphatninja  at 20:19コメント(0) この記事をクリップ! 

毎日新聞社、変態ニュース関連でマンガ家に圧力


この数日、騒ぎになっている「毎日新聞英語サイトがひどすぎる件」。 祭になって慌てて削除してほっかむり、とゆー毎日の対応含めて ひでえなあと思いつつ個人的には静観しておったですが、 こちらのブログを拝見して、ちょっとこれは聞き捨てならんと思ったっす。 「南京大虐殺を起こした日本政府が、児童性愛者向けのマンガを 作ってオタクを自衛隊にひきつけようとしている」というムチャ クチャな記事で槍玉に挙げられたマンガの作者さんが、自分で毎日 新聞社に問い合わせしたところ、 「迷惑かかったんなら対応させてもらうが、この事はブログに 書くな」と言われたそうです。 これ、どうなんでしょ。 仮にも「言論の自由」の権利に拠って立つ社会の木鐸たる新聞社が 一個人の言論の自由に圧力をかけるって。新聞社の役割ってのは こうした市井の個人の言論を守ることが第一義であって、まさに 本末転倒と言わざるを得ません。 毎日はこれまでもしばしば、ネットの自由な言論を封殺せよという ファシスト的主張を繰り返しており、言論の自由は自分たちに だけ存在し、市民個々にはそのようなモノは不要と考えている 節がありますな。このマンガ家さんに対する態度はまさにその 弾圧思想が社内の隅々まで浸透している証左と受け取られても 仕方ないでしょう。恐ろしい新聞社もあったものです。

phatninjaphatninja  at 00:10コメント(0) この記事をクリップ! 

デザイナーズファニチャー


ちょっとヒマがあるとトイザらス志村店のワゴンを覗きにいって しまうわけですが(だって日替わりでちょいちょい安売ワゴンの 中身が変わるんだもん)、本日はYujinの「デザイナーズファニチャー 1/12 内田繁編」をハケーン。一個500円のブラインドボックスが100円。 しかもシール剥がしてあって中身見放題。お店のサービスなのか、 タチの悪いお客さんがやらかしたのかは知らない( ̄▽ ̄) 残念ながらオーガストテーブルと岡崎の椅子しか残ってませんでした。 まあセッティング的には問題ない取り合わせ。棚とか超いらねえしw 1/12スケールってことで、ご覧の通りFigmaにパーフェクト フィットっす。一昨年の春発売のアイテムなんだけど、やはり 不評だったのか「内田繁編」の他に発売された様子はない。 でも、このサイズは今こそ求められてるでしょ。Figmaがこれだけ ブレイクしてる昨今。デザイナーズじゃなくていいから、ふつーの 家具とか学校机とか会議テーブルとか出してえ! デザイナーに ロイヤリティ出さない分安くして300円くらいだともっと嬉しい。 待ってるぜYujinさん!! 世はなべて1/12 !! しかしオーガストテーブルは部品の噛み合せユルいなあ。脚なんか そのままだと全くハマらないので要接着剤。500円だったらコレ 高いかも…('A`)

phatninjaphatninja  at 21:58コメント(0) この記事をクリップ! 

まだまだ前途多難

しばらく前に提出したリテイク原稿がずっとナシノツブテ。 やっと連絡があったけど、まだまだゴールは見えず。 てか、微妙に後退した気配が…('A`) 一発で決められない自分の力のなさにガックリくる。ふう。 まあ全然関係ないけど、愚痴だけ書いてもアレなんで、 きれいなおねいさんの画像でも貼っておきましょ。
(EOS20D + EF28mmF1.8)

phatninjaphatninja  at 23:12コメント(0) この記事をクリップ! 

『サンシャイン 2057』


例によってスターチャンネルで。 全然期待しないで見たダニー・ボイル監督の『サンシャイン2057』 意外と見られるハードSFだったんでビックリ。 いや、近未来に太陽エネルギーが減衰しちゃったんで、核爆弾 ぶっこんで再生しようって基礎設定はなんだかなあなんだけど、 そこに至るまでストーリーが暗くってハードでイイのだ。 太陽に接近したある地点で、メンバーは八年前に行方を絶った 先発隊の宇宙船を発見。乗員は全員死んでるだろうけど、 核物質は多い方がいいや、とランデブーを試みる。ところが 航法担当のボンクラのポカミスで(予定外の重要作業を一人で やらすなや)船体に重大なダメージが。 船長(真田裕之)の犠牲でどうにか危機を乗り切るも、さらに 次々と起こるトラブル。一人また一人と死んでいくクルーたち。 何者かの妨害か? だとすれば一体誰の? 太陽の至近距離という超極限状況下における想定外のトラブルは 乗員の生還率をたちどころにゼロにしてしまう。しかし人類の ため、死んでもミッションだけは成功させなくてはならない。 物語の中盤で「もう誰も還れない」ということがハッキリして しまう絶望的シチュエーション。目的地まで酸素をもたせるため 誰か仲間を殺さなくてはいけない「冷たい方程式」。70年代の ハードSF小説のようなペシミスティックな雰囲気が萌えるのだ。 思いの外セットや特撮にもおカネかかってて貧乏くささがないし、 ボイル監督らしいオサレでキレのありすぎる演出も(ところどころ キャラの行動を判りにくくはしているが)画面に目を引きつける。 ただまあ、終盤に判明するトラブルの元凶の正体は…うーん。 もうちょっと説明が欲しかったなあ。

phatninjaphatninja  at 23:16コメント(0) この記事をクリップ!