トップページ » 『アイスタ』#64 今年の七夕エピは「まひ×レイ」?

『アイスタ』#64 今年の七夕エピは「まひ×レイ」?

『アイカツスターズ!』第64話。
今年も七夕の季節がやってきました。今回こそイケメン美少女
騎咲レイの主役回と思いきや、最後に真昼が持っていきました。
2017-07-07_005922



星のツバサを得たアイドルを並べるエルザ。「まだ三つ…」
2017-07-07_005146

エルザはレイに問いかけます。
エ「いつまで私のサポートを続けるつもりかしら?」
レ「言っただろ。私は君のためにあるんだ」
エ「私には、大切なことから逃げているように見えるわ」
2017-07-07_005237

エ「本当に私の為を思うなら、自分のやるべきことをしなさい」
エルザが見せたのは、消えた謎のモデル「シューティングスター」が
かつて表紙を飾った雑誌。
レ「わかったよ、エルザ」
2017-07-07_005259

ヴィーナスアークの甲板では、ゆめたちが七夕イベントを
主催していました。ちょうど一年前の七夕、真昼はゆめたちと
はじめて知り合ったあの日を思い出していました。
2017-07-07_005436

エ「レイ、すべての手はずは整ったわ。心の準備はいいかしら」
レ「もちろんだよ」
2017-07-07_005630

真昼が撮影中のスタジオに、復帰で話題騒然の伝説のモデル
シューティングスターを急遽ブッキング出来たと編集長が
飛び込んできます。突然ですが真昼と二人でセッションする
ことになります。
2017-07-07_005753

現れたのはレイ。
2017-07-07_005821

久しぶりのカメラ前でもブランクを感じさせないレイです。
2017-07-07_005849

真昼の次の仕事は、夜空から引き継いだテレビ番組。
レイは夜空と顔見知りであることを語ります。
2017-07-07_012750

レ「彼女は艷やかで、まるで月…そう、月のようだった」
真「ふふっ、私にとっては星です。とびっきり明るい一番星です」
2017-07-07_012836

S4の小さなステージにも飛び入り参加したレイ。
和やかな本番後の楽屋に、エルザが乗り込んできます。
2017-07-07_013247

「レイ、あなたの技術はまさにパーフェクト」
2017-07-07_013257

「でも、あなたには圧倒的に足りないものがある」
2017-07-07_013311

「これ以上、私を失望させないで」
2017-07-07_013323

エルザの厳しい態度のわけをレイは話します。
あと来週の『アイスタ』はお休みです(な、なにぃーっ!?)
2017-07-07_013421

エルザに誘われた「あるモデル」が、エルザの圧倒的な
輝きを目の当たりにし、
2017-07-07_013511

「モデルは、エルザというまばゆい光に魅了され、虜になった」
2017-07-07_013525

「それからは、エルザを輝かせることに喜びを見出し、
ついには自分自身が輝くことをあきらめたんだ」
2017-07-07_013538

ゆめ「それって……」
レイ「それは、私だよ」
2017-07-07_013554

真「誰かを輝かすために自分を犠牲にする必要なんてない!」
ゆ「確かにエルザさんのステージは凄かったです。でも、
  あきらめようなんて思いませんでした」
2017-07-07_013717
思えばヴィーナスアークのエルザ絶対思想に最初に公然と
噛みついたのも真昼でした。クールな真昼ですが、対エルザに
なると俄然武闘派の切り込み隊長になります。レイの伝説を
仰ぐがゆえに、レイの今の負け犬思考が許せなかったのでしょう。

真昼はレイを自身のプレミアムドレスショーに招待します。
2017-07-07_013839

ショーの開幕。
2017-07-07_013946

ゆ「うわあ、かわいい」
小「夜空先輩のロマンスキスとはイメージが変わったね」
2017-07-07_014012

関係者席でひとり見ていたレイの隣に、なんと夜空が!
レ「やあ。久しぶり」
夜「ボンジュール、レイ」
2017-07-07_014041

レ「一番星のご到着だね」
2017-07-07_014055

レ「真昼にとっての君は、私にとってのエルザだというわけだよ」
夜「うーん、それは少し違うかなあ。私と真昼は、ライバルでもあるの。
  でも、エルザちゃんにはライバルはいないでしょう?
2017-07-07_014122

夜「だとすると、エルザちゃんて少しだけ孤独かもね」
レ「孤独? エルザが?」
2017-07-07_014144

夜「必死に追いかけてくる真昼がいたから、私もがんばれたの」
夜「ライバルの存在って、とってもぜいたくなものなのよ」
2017-07-07_014228
夜空姉さんけだし名言です。

夜「見て、今では真昼が、私の一番星よ」
2017-07-07_014315

2017-07-07_014327

真昼のステージ。なんといきなり星のツバサが!
2017-07-07_014429

2017-07-07_014455

2017-07-07_014620

驚くゆめたち。考えてみればS4戦でただ一人先代組を得点で
堂々打ち負かした真昼こそ、現S4で星のツバサの一番手に
ふさわしいアイドルですね。
2017-07-07_014705

そしてレイ。
2017-07-07_014723

レ「夜空…私も、輝くことができるかな」
夜「あなたの気持ち次第よ」
レ「そのために…私も!」
2017-07-07_014756
アイドルとして自立を決意した様子のレイですが、しかしこれ
こそエルザの望んでいた結末でした。なんだかんだでエルザの
手の上でずっと転がされているっぽいレイですw

終演後の楽屋。真昼をゆめたちが称えます。
2017-07-07_014833

嬉しそうな真昼ですが、
2017-07-07_014919

そこへなつかしいあの魔手が!
2017-07-07_014928

夜「まひる~~~
真「お、お姉ちゃん!?」
2017-07-07_014934

夜「真昼の大切なショーだもの。一時帰国して見にきちゃった
2017-07-07_015003

真「フランスには勉強しに行ってるんでしょ?」
夜「いいじゃない。七夕の夜だもの
2017-07-07_015020

「もう///七夕は関係ないでしょ」(照)
2017-07-07_015033

夜「なんだか、織姫と彦星みたいね
真「なに言ってるの!!!//////」
2017-07-07_015100

レイが主役かと思いきや実は真昼のハイライトでした。
去年の七夕回(大名作!)を踏まえてきっちり香住姉妹の
カラミで落としたあたりはニクいんですが。レイは確か前も
こんな扱いだったような気がしますけど、彼女の本格的な
ステージデビューも楽しみですね。



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星