トップページ » 『アイスタ』#63 空前のバカ回(悪い意味で)

『アイスタ』#63 空前のバカ回(悪い意味で)

『アイカツスターズ!』第63話。
ひさびさのリリィお当番回。#56にてツッコミどころ満載のバカ
脚本でアイスタデビューした野村祐一氏が今回もやらかしてます。
2017-06-29_220343



S4は特番でいろいろな職業体験をすることになりました。
一方、リリィは自らが案内役を務める高原ツアーを、
ピロシェンコさんの後援で挙行することに。

夏が近づき、リリィがまた静養期間に入ってしまうことで
ゆずは寂しそうです。
2017-06-29_220029

しかしリリィはこの夏を四ツ星学園で乗り切る宣言。
星のツバサを手に入れたスターとしての自覚が彼女を
支えています。
2017-06-29_220043

いちゃいちゃするゆずリリ。
2017-06-29_220229

2017-06-29_220240

リリィのやる気に、いつも世話になっているローラがお手伝いを
買って出ます。
2017-06-29_220254

というわけで当日。集合場所の駅。
2017-06-29_220417

集まったファンもみんなゴスロリ系w
2017-06-29_220406

ところが出発時間に遅刻者が一名。もおほんとに必ずいますよね、
ツアーとかバスとか一人だけ遅れてくるヤツ。
2017-06-29_220439

出発時刻が迫りますが、リリィは遅刻者も置いて行きたくないと
グズグズ言います。いやみんな予定があるんだってば。
2017-06-29_220506

そこへ職業体験特番で1日駅長をやっていたあこが。
2017-06-29_220525

結局ツアー列車(貸し切りだよね…?)は定刻に出発。
ツアー客は全員乗り損ないました
バカがバカにかかずらって元も子もなくなるというやつですねw
2017-06-29_220604

しかしツアーは中止したくないとまたグズグズぬかすリリィ。
いやお前のせいだってばよw
2017-06-29_220631

ここであこが自慢の脳内コンピューターでダイヤを検索。
後発の各駅と急行普通列車を乗り継げば直行ツアー列車に
追いつける! と超解決策をはじき出しますが、
いや、無理wwww
2017-06-29_220658
しかも各駅列車にツアー客全員分の席を用意しろという
無茶苦茶な命令をするあこ。いや、1日駅長ってそういうもん
じゃないしw 本職の駅長にだって無理ですそんなことw

なんだかんだで全員乗れたようです。シートの配置からすると
乗り継いだ急行列車かな?
2017-06-29_220741
しかし新たな問題が。全員の昼食を積み忘れていたと判明!
……いや、積み忘れるもなにも、そもそも予定の列車じゃないん
ですから積んであるわけないのわかりますよね常識的に考えて。

車内販売の職業体験をしていた真昼がここで登場。
真昼にはカメラスタッフなどいませんがスルーしましょう。
2017-06-29_220856
S4のうち2人が同じ電鉄会社で働いている不自然さについても
事前になんの前フリもありませんがスルーしましょう。しかしご都合
主義という批判は間違っています。なぜなら真昼はこの場面でも、
この先も、なんの役にも立たないからです。

お弁当がきた!と喜ぶリリィたちですが、大人気アイドルである
真昼の車内販売はもちろん大好評。お弁当はとっくに完売です。
2017-06-29_220930
ていうか国際線の飛行機じゃあるまいし、乗客全員分の弁当なんか
車内に在庫しませんね普通。前回も思いましたが、こういう
細かい所がいちいち非常にバカっぽいのが野村脚本の特徴です。

がっくりと気を落とし、客を空腹にしたままなにもしないリリィたち。
おいふざけんな。
2017-06-29_221005

主人公たちがなにもせず手をこまねいていると、名もない
ゲストキャラが「余計に用意してあったお弁当がありました」
と勝手に事態を解決してくれます。
2017-06-29_221015
みなさまよろしいですか。これが世にいうご都合主義
デウス・エクス・マキナというやつです。ダメ脚本の典型例です。
せめて、たとえばローラが機転を利かせて途中駅の業者に
連絡してお弁当が届くというような展開なら印象がだいぶん
違うんですが。

しかしトラブルはさらに続きます。なんと周辺一帯が大停電で
列車も動かなくなってしまいました。ていうかお客様、勝手に
車外に出ないようお願い致します。
2017-06-29_221115

リリィが困り果てつつも、まだツアーは続けたいとワガママを
言っていると、頭上の飛行機から、またしてもなんの前フリもなく
ゆずがダイブしてきますw
2017-06-29_221529

どうやらCAの職業体験をやっていたようですが(説明なし)、
飛行中の旅客機からのスカイダイビングは絶対におやめ下さい。
なぜなら墜落するからですw
2017-06-29_221537

ゆずの鶴の一声で、大型輸送ヘリが三機チャーターされましたw
たかがアイドルのイベントでなんぼほど予算使うねんw
2017-06-29_221612

チーフパーサーの命令なら輸送機の二機や三機とパイロットも
意気軒昂ですが、チーフパーサーってそんなに偉いんでしょうか。
2017-06-29_221627
どんどん話が大げさになっていくというギャグは嫌いじゃないん
ですが、問題はこの状況に誰もツッコまないというところ。
クレイジーな展開に対して正気の人が誰も画面にいないという
不安感は無印『アイカツ!』を思い出させますw このあたりは
演出にもやや問題あるかも。

トラブルはさらに続き、今度は嵐! パイロットは帰投を提言
しますが。
2017-06-29_222351

リリィはあくまでも前進を命令します。根拠はたまたま聞こえた
ゆめのラジオ天気予報(これも職業体験)で晴れると言ったから!
2017-06-29_222438
※多分この時点でヘリには数百人のツアー客も同乗してることを
忘れてますねw

無事嵐を抜けたヘリ部隊ですが、目的地のライブ会場も停電中。
やはり暑い季節には体力低下が著しいリリィはついに失神。
リ 「この空の下で、一緒に夏を過ごしたかった…」
2017-06-29_222533
さんざん周囲を引っ張り回しておいて、いつの間にかツアーに
参加してくれたファンの事とか二の次になっているようにも
見えてしまいますが。ちょっと言葉が足りてない。

リリィが目覚めると、
2017-06-29_222554

そこにはどこか平成ガメラ風の怪獣(恐竜?)か!
2017-06-29_222613

怪獣作画気合い入りすぎwww
2017-06-29_222626

2017-06-29_222643

なぜか駆けつけるゆめ!
2017-06-29_222742

なんとS4はスーパー戦隊だったのです!(ナ、ナンダッテー
2017-06-29_222750

2017-06-29_222759

2017-06-29_222807

だから作画気合い入りすぎだってのw
2017-06-29_222822

2017-06-29_222830

2017-06-29_222837

2017-06-29_222857

2017-06-29_222906

2017-06-29_222931

2017-06-29_222945

2017-06-29_222957

スイーツ砲で怪獣もおとなしくなり、停電終了……
2017-06-29_223028

という夢でした。
2017-06-29_223134
はい、またダメ脚本の典型例。夢オチです。

ライブは結局できないのかと肩を落とすリリィに微笑む
ローラたち。
2017-06-29_223235
ええっと…ゆめはいつ合流したの? ゆめが説明もなくここにいる
せいで、どこまでがリリィの夢なのか判然としなくなり、なんとなく
デヴィッド・リンチ的な恐怖も感じるシーンです。

ゆめたちが呼びかけたおかげで、ライブ会場はファンがつめかけ
サイリウムの明かりに照らされていました。
2017-06-29_223304

感動するリリィですが、ここまで終始デタラメを見せられた視聴者は
おいてけぼりですw
2017-06-29_223359

リリィのステージ。
今回わかったこと。停電でもアイカツシステムは稼働する。
2017-06-29_223502

ほんとに音響も照明もない中、超満員の観客を沸かせるリリィでした。
2017-06-29_223601

前回の野村脚本(#56)は作画も演出もガタガタだったのでまだしも
でしたが、今回はなまじ作画が素晴らしかっただけに超脚本ぶりが
よけいに際立ちましたね。つーか今回の話、実は駅のシーンから
ずーっとリリィの夢だったって設定だとしたら超こわい。



トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星