トップページ » 『アイスタ』#46 S4戦ついに開幕!初日・二日目の結果

『アイスタ』#46 S4戦ついに開幕!初日・二日目の結果

『アイカツスターズ!』第46話。
いよいよ四ツ星学園最大のイベント、S4戦が開幕。
あこが劇組トップの座を賭けてツバサに挑みます。
2017-03-03_004512



S4戦は組ごとに4日に分けて行われます。
2017-03-02_225630

2017-03-02_225638

2017-03-02_225645

2017-03-02_225653

初日舞組はゆず以外超谷間世代。ダイジェストでゆず圧勝w
2年連続S4就任をあっさりと確定させました。
2017-03-02_225956

客席で観戦するゆめたち。
2017-03-02_230044

真昼「三年生は仮にトップになったとしても卒業しちゃうから、
    2位になった人がS4になるのよね」
あこ「2位なんてつまらないですわ。やっぱりここは今のS4を
   華麗に打ち破って新しいS4の座につくほうがドラマチックですわ」
2017-03-02_230119

楽屋では、親友リリィがゆずを迎えます。
ゆず「リリエンヌと一緒にS4のステージに立ちたいゾ。だから
    歌組トップになってよね」
リリィ「私も同じ気持ちです」
2017-03-02_231841

自信満々を装っているあこですが、落ち着かない気分。
夜のトレーニングに向かいます。
2017-03-03_001005

レッスン室で、あこはツバサと鉢合わせ。
2017-03-03_001146

あ「明日はツバサ先輩を倒して、トップを獲りたいと思ってますわ」
ツ「私も持てる力をすべて出し切る。だから本気でかかってこい」
2017-03-03_001206
ツバサ先輩はいつも男前すなあwww

あこが求めた握手を、「それは勝負のあとにしておこう」と
おあずけにするツバサ。
2017-03-03_001254

それぞれの夜を過ごす少女たち。
2017-03-03_001427

2017-03-03_001435

2017-03-03_001444

2017-03-03_001452

2017-03-03_001501

おまえゆずか!最初誰かとwww
2017-03-03_001511

(小春ちゃん、いよいよ歌組のS4戦が始まるよ)
(わたし、ローラやひめ先輩とS4をめぐって戦うことになる)
(ゆめの夢はS4になること。だから、応援してね)
2017-03-03_001349

劇組S4戦が始まります。
あこは渾身のステージを見せますが。
2017-03-03_004721

トリを取るツバサはやはり格が違います。つかキラキラの
量が違いますねw
2017-03-03_005111

結局、ツバサはあこを歯牙にもかけない大差で勝利。
ルールによりあこはS4に繰り上げ当選が決定しましたが、
とうとうツバサを越えることはできませんでした。
2017-03-03_005312

(勝てなかった……)
2017-03-03_005422

あこの落胆を心配して待っていたゆめたち。
あこ「わたくしがちょっと本気を出せば、あれくらい当然ですわ」
2017-03-03_005506

「先輩には負けてしまいましたが、劇組S4の座はいただけ
ましたし、まっ、順当な結果と言っていいですわね」
2017-03-03_005521

そんなあこを、ツバサが呼び出します。
あ「劇組トップ、おめでとうございます」
ツ「早乙女もおめでとう。次のS4はキミだ」
2017-03-03_005614

ツバサからお馴染みのごほうびタイム。
2017-03-03_005650

勝って先輩を送り出せなかったことを悔やむあこ。
ツ「もう二度と勝負できないわけではない」
2017-03-03_005722

ツ「私たちは卒業するが、アイドルを卒業するわけじゃない。
  きっとまた、同じステージで戦うことがあるさ」
2017-03-03_005810

ツ「また全力で戦おう」
2017-03-03_005834

おあずけにしていた握手を交わすツバサとあこでした。
2017-03-03_005841

その夜、部屋に戻ったあこは、またすばるきゅん人形に語ります。
2017-03-03_005855

「S4にはなれるんだろ?」
「ええ、もちろんですわ!」
2017-03-03_005916

2017-03-03_005927

「でも、本当は、本当は、勝ちたかったんですわ……」
2017-03-03_005941

残念会にやってきたゆめたちは、扉の向こうから聴こえる
あこの嗚咽に、そっとその場を去るのでした。
2017-03-03_010001

無風区の舞組がほんとに一瞬で片付いちゃったのは笑いましたが
あことツバサの関係をじっくりと描いた脚本(待田堂子)は
よかったですね。前回グレードアップグリッターを取れなかった
件も伏線になってますし。ここまで謎だったS4戦ルールも
あこに残酷なドラマをもたらしていてこれもマル。

問題は前シリーズDである木村隆一氏の相変わらず平坦にも
ほどがある演出ですよねえ(絵コンテも前期の主力だった小坂
春女氏)。すごくいいラストシーンなのに、演出がヘタすぎて
余韻もなにもないぶった切りエンドw 
まあシリーズ構成的にも谷間回いたしかたなしではあるん
ですが、あこがただただ不憫であります( ̄▽ ̄)
次回はこれまで常に神回だった香澄姉妹物語最終章。
演出・作画とも間違いなさそうで楽しみです。



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星